レジェンドアンドバタフライ|映画ロケ地15ヶ所まとめ!国宝や重要文化財でも撮影

「レジェンドアンドバタフライ|映画ロケ地15ヶ所まとめ!国宝や重要文化財でも撮影」のアイキャッチ画像エンタメ

2023年1月27日(金)公開の映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』が話題になっています。

木村拓哉さんや綾瀬はるかさんが、どこでどんなシーンを撮影したのか気になりますよね。

実は国宝や重要文化財でのロケ地が多いんです!

レジェンドアンドバタフライのロケ地15ヶ所を、写真や地図でまとめました。

スポンサーリンク



レジェンドアンドバタフライのロケ地15ヶ所まとめ!

『レジェンドアンドバタフライ』のロケ地は、京都府滋賀県奈良県山形県宮城県兵庫県三重県です。

判明している撮影場所ロケ地を、Googleマイマップで作成してみました。

都道府県ごとに色分けしてます。

東北から関西方面で広範囲で撮影があった事が判明!

大友 啓史監督の「東映70周年映画にふさわしい場を」というこだわりから、できる限り本物の場所で撮影が行われています。

本当へのこだわりから、多くの国宝重要文化財に指定されている場所がロケ地になっているそうです。

参考:雑誌「シネマスペシャル2022年秋号」42頁

管理人いろは
管理人

さすが総製作費20億円の豪華作品!

ロケ地どんなシーンで撮影されたか等、ご紹介します。
スポンサーリンク


朝光寺(兵庫県)

兵庫県加東市にある朝光寺で撮影がありました。

比叡山延暦寺として焼き討ちのシーンで、朝光寺が使われています。

名称朝光寺(ちょうこうじ)
住所兵庫県加東市畑609
朝光寺の本堂

明智光秀を演じた宮沢氷魚さんにとって、「焼き討ちのシーンが過去トップ3に入る程の思い出深いシーン」との事。

ダイナミックに刀を振り上げる演技は、明智光秀にとっても見せ場になったとの事。

リアルな場所での撮影で、より迫力あるシーンになっているのではないかと思われます。
スポンサーリンク



篠山城(兵庫県)

兵庫県丹波篠山市にある篠山城で撮影がありました。

「篠山城」は織田信長の命によって、明智光秀が波多野氏を滅ぼした場所です。

篠山城では、2021年10月18日~21日の3日間で撮影がありました。

名称篠山城(しのやまじょう)
住所〒669-2332 兵庫県丹波篠山市北新町2

篠山城跡は国宝ではなく、ドラマや映画『超高速!参勤交代』等多数でロケ地になった実績がある城です。
スポンサーリンク


明石城(兵庫県)

兵庫県明石市にある明石城で撮影がありました。

明石城は国宝に指定されています。

名称明石城(あかしじょう)
住所兵庫県明石市明石公園1-27

どのシーンで使われたのかは分かり次第追記します。
スポンサーリンク



彦根城(滋賀県)

滋賀県彦根市にある彦根城で撮影がありました。

彦根城は天守、附櫓及び多聞櫓は国宝に指定されています。

甲冑をつけた多くのエキストラの方が石畳を歩いたようです。

石畳のシーンはこの辺りから確認できます。

名称彦根城(ひこねじょう)
住所滋賀県彦根市金亀町1−1


スポンサーリンク


スタジオセディック庄内オープンセット(山形県)

山形県は、庄内市のスタジオセディック庄内オープンセットがロケ地になっています。

「レジェンド&バタフライ」がクランクインした場所で、6日間撮影がありました。

映画の冒頭シーンに出てくる那古野城(なごやじょう)として使われています。

濃姫(綾瀬はるか)の輿入れのシーンで、信長(木村拓哉)が見物をしている場所は、庄内オープンセットで撮影されています。

庄内オープンセットのシーンから再生できます

那古野城の城内のシーンは、撮影所にセットを組んで撮影されています。
名称スタジオセディック庄内オープンセット
住所山形県鶴岡市羽黒町 川代東増川山102
公式Twitter@shonai_os

スタジオセディック庄内オープンセットは、撮影所だけあって多数のロケ地にもなっています。


スポンサーリンク



慶長使節船ミュージアムサン・ファン館(宮城県)

宮城県は、石巻市にある慶長使節船ミュージアムサン・ファン館がロケ地になっています。

解体する前の木造復元船「サン・ファン・バウティスタ号」を、南蛮船の設定として撮影しています。

管理人いろは
管理人

サン・ファン号は、撮影後に老朽化と維持費削減のために解体されました。

名称慶長使節船ミュージアムサン・ファン館
住所宮城県石巻市渡波大森30−2
注意点2022年11月1日から2024年までリニューアールのため休業中

スポンサーリンク


神護寺(京都府)

京都のロケ地の1つは、京都市の神護寺です。

多数のエキストラも参加したそうです。

神護寺は、高野山真言宗の遺迹本山の寺院です。

名称神護寺(かんごじ)
住所京都市右京区梅ヶ畑高雄町5

スポンサーリンク



霊鑑寺(京都府)

レジェンドアンドバタフライの京都ロケ地は霊鑑寺です。

霊鑑寺は国宝ではありませんが、京都市の指定文化財に指定されています。

名称霊鑑寺(れいかんじ)
住所京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町12
通常は非公開ですが、春と秋に特別公開される時期があります。

スポンサーリンク


御室八十八ヶ所霊場(仁和寺):京都府

京都府にある御室八十八ヶ所霊場でも撮影がありました。

仁和寺は世界遺産に登録されており、国宝や重要文化財があリます。

仁和寺にある御室八十八ヶ所霊場で撮影がありました。

名称御室八十八ヶ所霊場(おむろはちじゅうはちかしょれいじょう)
住所京都府京都市右京区御室大内

御室八十八ヶ所は、大友啓史監督の映画作『るろうに剣心』でもロケ地になっています。
スポンサーリンク



泉涌寺(京都府)

京都府の泉涌寺もロケ地です。

木村拓哉さんのInstagramでも、泉涌寺で撮影で訪れた事が分かっています。

雑誌「シネマスペシャル2022年秋号」によると、実際に泉涌寺で撮影をしたとの事ですよ。

名称泉涌寺(せんにゅうじ)
住所京都府京都市東山区泉涌寺山内町27

妙顕寺(京都府)

名称妙顕寺(みょうけんじ)
住所京都市上京区妙顕寺前町514

随心院(京都府)

名称隨心院(ずいしんいん)
住所京都府京都市山科区小野御霊町35

妙光寺(福王子):京都府

名称妙光寺(みょうこうじ)
住所
京都府京都市右京区宇多野上ノ谷町20

法隆寺(奈良県)

名称法隆寺(ほうりゅうじ)
住所奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1

高田専修寺・安楽庵(三重県)

名称安楽庵(あんらくあん)
住所三重県津市大里窪田町2618−4

東映京都撮影所(京都府)

レジェンドアンドバタフライの室内撮影は、京都市にある東映京都撮影所で撮影されています。

信長や濃姫がいた那古野城の城内シーンは、東映京都撮影所で撮影されている事が分かっています。

他にも東映京都撮影所での撮影シーンは多いと思われます。

1月12日(水)と雨天予備日で1月14日(金)に、東映京都撮影所でのエキストラ募集がありました。

名称東映京都撮影所
住所9, 太秦西蜂岡町 右京区 京都市 京都府 616-8163

東映京都撮影所は、京都市右京区太秦にある映画スタジオです。

東映京都撮影所の中には、東映太秦映画村があり一般公開されています。

時代劇用の屋内セットや、江戸の町を再現したかのような撮影用オープンセットを見学することができますよ。

スポンサーリンク



レジェンドアンドバタフライの撮影期間は?

撮影期間は、2021年9月下旬~2022年1月約3ヶ月間で行われています。

2021年9月下旬〜12月下旬まで各地でロケがあり、2022年1月数日だけ東映京都撮影所で撮影がありました。

参考:東京エキストラNOTE

公式Twitterからは、山形県で6日間撮影し、宮城県の順に撮影されたことが分かっています。

撮影期間も長く、力を入れている作品だという事が分かりますね!
スポンサーリンク


まとめ

2023年1月27日(金)公開の映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』が撮影されたロケ地をまとめました。

京都府、滋賀県、奈良県、山形県、宮城県、兵庫県、三重県で撮影がありました。

東映70周年映画にふさわしい本物の場所でのこだわりから、国宝や重要文化財などの場所で撮影がありました。

詳しいシーンや撮影情報は分かり次第追記します。

最後までご覧いただきありがとうございました。
スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました