中尾隆聖が復活!コロナ感染発覚や大腸憩室出血で入院したエピソード!

「中尾隆聖が復活!コロナ感染発覚や大腸憩室出血で入院したエピソード!」のアイキャッチ画像エンタメ

4月4日にコロナ感染発表があった中尾隆聖さんですが、元気に復活した事が分かりました。

コロナ感染で自宅療養をした後、大腸憩室出血で入院していたそうです!

4月29日(金)に中尾隆聖さんが、Voicyチャンネルにて近況報告を語っていました。

71歳の高齢である事もあり、中尾隆聖さんの体調を心配されていた方も多いかと思います。

中尾隆聖さん復活!と題し、感染発覚の経緯、自宅療養、大腸憩室出血で入院したエピソードをまとめました。

中尾隆聖がコロナ療養から復活!

中尾隆聖さんを撮影した写真

中尾隆聖さん

中尾隆聖さんは、4月4日に感染発表があり、4月29日に近況報告で復活した事を語っていました。

コロナ感染が分かった経緯と、自宅療養についてまとめました。

中尾隆聖のコロナ感染が分かった経緯

コロナ感染は、無料で実施しているコロナ検査場にふらっと立ち寄った事で分かったと事です。

コロナについて他人事に思っていて、症状もないし「大丈夫だろう」と思っていたそうです。

しかし、結果は陽性

1週間の自宅療養をしたとの事です。

ほとんど無症状で、少し喉が痛いかなと思う程度だったそうですよ。

ニュースでは「微熱と喉の症状が見られたからPCR検査を受けた」と書いてある記事もありましたが、実際はふらっと検査してみて分かったそうですよ。

自宅療養中のエピソード

コロナ感染が分かり、自宅療養をしていた時のエピソードです。

誰にも会わず部屋とお風呂とトイレを行き来する生活。

自宅にトイレは2つあるので、1つは中尾さん専用として利用していたとの事。

普段から自宅隔離しているような生活」なので、苦ではなかったと笑っていました。

奥様も一緒に住んでいて、食事ができたら自室ドア前でご飯を受け取り一人で食べたとの事。

一般的によくある自宅隔離生活を送ったとの事でした。

また、元気だったので本、ビデオ、YouTubeで、毎日大好きな映画を2本くらい見て過ごしたそうです。

自宅に1週間まるまる自宅にいた事が、初めての事だったのではないかとしみじみ語っていました。

1週間自宅にいた事がないほど、日々忙しい方だったんですね。

コロナ療養後に大腸憩室出血になっていた!

ambulance

1週間の自宅隔離生活後に、大腸憩室出血(だいちょうけいしゅつしゅっけつ)になっていたそうです!

突然、下血(げけつ)してしまい、慌ててしまったとの事。

心配した家族が救急車を手配するも、受け入れ先が見つからず、約1時間ほど救急車内で休んでいたそうです。

受け入れ先を探してくれた救急隊員の方や、医療従事者の方への感謝の気持ちを語っていました。

本来2週間の入院が必要だが、元気だったので5日くらいで退院したそうですよ。

大腸憩室は大腸近くの血管から出血してしまう症状で、再発率が高く早期治療が必要だそうです。
参考;もっとよく知る病気ガイド

大腸憩室出血で入院中のエピソードを3つご紹介します。

大腸憩室出血で入院中のエピソード①差し入れのカロリーメイトをこっそり食べた

caloriemate

入院中は胃を空っぽにしなくてはいけない食事制限の生活で、お腹が空いた中尾さん。

娘さんがパジャマや着替えと一緒に入れてくれたカロリーメイトをこっそり食べたとの事(笑)

「本当は食べちゃだめなんですけどね」と言いつつ、そのカロリーメイトが本当に美味しかった事を熱く語っていました!

治療中の食事は、点滴→おもゆ→おかゆ→固形のものへ変化していったそうです。

食事制限で何も食べられない時に口に入れるものって、本当においしいでしょうね。

大腸憩室出血で入院中のエピソード②こっそり売店に行った

入院中のエピソードのこっそりネタでもう1つ、売店に行きでチョコレートを買って食べたそうです。

病院の売店では食事制限をしている人かどうかの確認がないので、買って食べてしまったとの事。

本当はいけないと分かってはいても、空腹に耐えられなかったんですね。

また、売店で一緒に並んでいたおじいさんと目が合い、言葉ではなく目で会話をしたそうです。

おじいさんも点滴をしているので、自分と同じ食事制限で買ってはいけない仲間だと思った中尾さん。

「あなたも買いますね?」「私はこれを書います」目で合図をしあったと感じたとの事。

購入後にそれぞれの病室に戻るとき「どうもありがとう」と言って別れ、親近感を感じたそうです。

そんな病院ならではの物語があるんだなぁとしみじみ語っていました。

大腸憩室出血で入院中のエピソード③電話やメールがきて忙しかった

入院中は、知り合いや心配してくれた方から電話やメールがきて忙しかったそうです。

仲の良い友人からは毎日連絡があり、「毎日かけるなよ(笑)!」と言うほどだそうです。

病室は個室でしたが、友人との電話を笑いながら楽しく電話していた中尾さん。

「静かにしてください」と看護婦さんに怒られてしまったそうですよ。

全国各地から電話やメールを読んで、感謝の気持ちを話していました。

小学2年生の子とママから、「バイキンマンがいないとアンパンマンが寂しがるので早く元気になってください」というメッセージと絵をもらった話を語っていました。

子どもに人気のアニメキャラを演じている中尾さん。

復活を待ち望んでいたファンや友人も多かった様で、入院中も対応でお忙しかったとの事でした。

まとめ

コロナ感染を発表していた中尾隆聖さんが、元気に復活しました。

Voicyチャンネルで分かった、感染が分かった経緯や、自宅療養生活、その後大腸憩室出血で入院していた事などのエピソードをまとめました。

復活を待ち望んでいたファンの方は、中尾隆聖さんの元気な様子が分かって安心ですよね。

これからも中尾隆聖さんを応援していきたいですね。

内容が気になる方は、ぜひVoicyで中尾さんの面白いトークをお楽しみください!

ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました